婦人

美肌のお守り|ヒアルロン酸で無敵の肌に生まれ変わろう

顔や体のラインを若々しく

注射器

柔らかく膨らませるため

ヒアルロン酸とは、粘り気のあるムコ多糖類で、人の体内には随所にこれが存在しています。具体的には肌や関節や目などですが、ヒアルロン酸のおかげでこれらは、潤いによる柔らかさを保つことができています。なぜならヒアルロン酸は、わずか1グラムでも6リットルもの水分を吸収することのできる物質だからです。つまりヒアルロン酸が十分に含まれていれば、その部位には水分もまた多く含まれていると言えるのです。そしてその水分により、柔らかさが保たれるわけです。昨今ではこのヒアルロン酸は、美容整形に使われるようになっています。具体的には、顔のシワの改善やバストアップやヒップアップといった美容整形です。なぜこういった効果が出てくるのかというと、顔のシワにしてもバストやヒップのたるみにしても、ヒアルロン酸の減少が原因のひとつとなっているからです。ヒアルロン酸は、若いうちは体内で多く生成されるのですが、年をとるにつれて生成量が減少していきます。すると保持できる水分量も少なくなりますし、それにともなってふくよかな膨らみも減っていきます。それにより、シワやたるみが生じるようになるのです。しかしヒアルロン酸を注入すれば、その部分は水分によって柔らかく膨らみます。これにより、シワは内部から押し上げられることで目立たなくなりますし、バストやヒップは丸く盛り上がるのです。手軽に顔や体のラインを若々しいものにしていくことができるため、ヒアルロン酸を使った美容整形には、高い人気があります。

分子サイズと注射針の太さ

ヒアルロン酸による美容整形は、具体的には注射器を使っておこなわれます。たとえば顔のシワの除去ではシワの内部に、バストアップやヒップアップでは盛り上げたい部分に、注射器でヒアルロン酸が注入されるのです。ヒアルロン酸は、基本的に分子サイズが大きいので、それを注入するためには、太い注射針が必要となります。しかし太い注射針を挿入すると、体にはやや大きなダメージが与えられます。挿入による穴が傷跡として残ったり、内出血が生じたりするのです。そのため美容整形では、分子サイズを小さくしたヒアルロン酸が使われることもあります。分子サイズが小さいと、細い注射針で注入することが可能だからです。しかし分子サイズが小さいということは、注入箇所の周辺の組織に吸収されやすいということです。つまり注入箇所に長く留まらないということですから、それにより効果がどんどん薄れていきます。そのことから昨今では、分子サイズを小さくした上で、その分子のひとつひとつを架橋でつなげたヒアルロン酸が注入されるようにもなっています。分子サイズが小さいので、細い注射針でも注入できますが、糸のようにつながった状態なので、周辺組織には簡単には吸収されないのです。つまり、注入における体の負担が少ないにもかかわらず、効果が長続きするということです。具体的には、注入する量にもよるのですが、3年ほどは効果が持続します。そのため3年おきに追加で注入すれば、顔や体の若々しいラインを維持することが可能になります。