ウーマン

美肌のお守り|ヒアルロン酸で無敵の肌に生まれ変わろう

顔の浅いシワの解消法

美容整形

目尻や口元の小じわなどの浅いシワの解消には、プチ整形のヒアルロン酸注射が優れた効果を発揮します。ヒアルロン酸注射の施術は、メスや針、糸などを一切使用しないので、手術跡や傷跡が顔に残ることはありません。

もっと詳しく

顔の気になる悩みを解決

ビキニの女性

気になるあの健康美容成分

ヒアルロン酸という成分は最近知名度を上げてきています。ヒアルロン酸は健康や美容に有効な成分として、サプリメントや治療などに取り入れられています。また、しわをなくすための美容整形や鼻やリフトアップの美容整形にも使われています。このように、摂取方法によって、ヒアルロン酸は様々な分野で効果を発揮しています。では、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。まず、サプリメントなど内服の場合は、飲み続ける事で、美肌効果や関節痛の改善等に効果があります。外用薬として使用する場合は、目の保湿効果や傷の治りを高める効果があります。次に、化粧品として取り入れる場合は、抜群の保水力とクッション性を生かし、肌の水分維持の効果があり、潤いのある肌を保ちます。そして、直接患部に注入する方法では、関節痛など痛みのある場所へヒアルロン酸を注入することで、痛みを即座に改善させる効果があります。医療機関で関節痛の治療法の一つとして用いられています。また、直接注入するものとしては、美容整形にも用いられています。シワの治療や鼻の高さの修正などで使用されます。ヒアルロン酸を注入することで、皮膚に膨らみを持たせ、シワを改善したり、鼻に高さを出すことができます。これらを参考に考えると、体の内側から確実に成分を取り入れたい場合は内服、即効性のある効果を望むのであれば、直接注入するタイプのものを選ぶのがよいでしょう。ヒアルロン酸は元々体内にある成分のため、副作用が起きるということは基本的にありません。しかし、美容整形においては、副作用は起きずとも、注意をしておかないと不具合が起きる可能性はあるということは知っておかなければいけません。

リスク管理は自分でしよう

美容整形には注意が必要だという事をお伝えしましたが、どのような事に注意が必要なのでしょうか。それは、しっかりと自分の要望を伝え、医師からきちんと説明を受けて、納得してから手術を受けるという事です。ヒアルロン酸の成分事態に副作用が起きる要因はほとんどありません。注入する位置や量によって顔の形が不自然になってしまったり、衛生管理がしっかりとしていないと感染症にかかったりしてしまいます。このような事にならないように、行く予定の病院がどのような診療をしているか、医師の経験値等をしっかりと確認しておくようにしましょう。また、自分の要望をしっかりと伝えて、医師と位置や量、術後の顔のイメージをしっかりと共有しておくことも大切です。あまり一度の施術で大幅な変化を求めることもやめておいた方が無難です。一回で大量の注入にはリスクが伴う場合があるからです。ヒアルロン酸は自然成分であるが故に、定期的な摂取をし、効果を持続させる必要があります。この性質を利用して、徐々に理想の形へ近づけていくのも良い選択だと言えます。美容整形は、自分の好みの顔に近づけるチャンスです。そこで失敗しないように、病院や医師選び、治療方法の把握などのリスク管理をしっかりとするようにしましょう。その点を気を付けていれば、より満足のいく治療が受けられるはずです。今回は美容整形に関するリスク管理について述べましたが、そのほかの摂取方法でも同様の事が言えます。内服薬に関しては、薬の成分がきちんと効果のあるものなのかを確認しておく必要がありますし、化粧品等においても、使い方を間違えれば効果が半減してしまう可能性もあります。このように、何においてもリスク管理やリスクの把握は必要不可欠です。より効果的にヒアルロン酸を摂取し、効果が出るように心がけましょう。

顔や体のラインを若々しく

注射器

顔やバストやヒップにヒアルロン酸を注入すると、保持できる水分量が増え、柔らかく膨らみます。するとシワが目立たなくなったり、バストアップ効果やヒップアップ効果が出てきたりします。昨今ではこの美容整形には、体の負担が少ない上に効果が長続きする、分子サイズの小さいヒアルロン酸が使われるようになっています。

もっと詳しく

注入によるバストアップ

横になるウーマン

昨今では、ヒアルロン酸注射によるバストのプチ整形が注目されています。多く注入するほど高いバストアップ効果が出てきますが、圧迫による痛みが生じることがあるので、少量ずつ注入することも可能となっています。注入する箇所や量を調節することで、バストの形も整えられます。好みのデザインにすることもできます。

もっと詳しく